防災グッズについて

万が一に備えて準備しておきたいモノ



left,防災グッズ例 left,防災グッズ例

八戸市内のお店(八戸小近くのペットサロン・アイさん)でこんな防災リュック発見。
この基本セットに以下を参考にプラスしてみて下さいね。
セット内容:
首輪、リード、大きめマット、迷子札カプセル、携帯容器、ウェットティッシュ、マナーペーパーと袋

  • 行政の救護が動き出すまでに3日間はかかるといわれています。
    普段のごはんとは別にストックしておくと、いざという時に安心です。
    また缶フードやレトルトフードは同時に水分補給も可能です。
    なお普段は手作り食などで既成フードを食べる習慣がない場合は、非常時用のフードをたまに与えて慣れさせておくことも必要かもしれません。
    また折りたたみ可能な携帯用フードボールを入れておくと、ごはんや水を与える時に便利です。
    最低でも次の物は準備しておきましょう。
    • 3日分の食事と水

      • ドライフード
      • 缶フード
      • レトルトフード
      • ぺたんこボウル(携帯容器)

    • クレート(持ち運びも可能なケース)
      落下物からの保護や避難時に役立ちます。
      また普段からクレートに慣れていると、落ち着ける場所として避難時にペットのストレスを軽減することができます。
      ただし普段から慣れていないと、かえってストレスになるので、日頃からクレートトレーニングを行い準備しておきましょう。

    • 首輪・リード
      首輪・リード・ハーネスなどは安全を確保する上でとても重要です。予備のリード・首輪を用意しておいたほうがいいようです。
      リードはパートナーの命を守るとても大切なもの。
      防災セットに予備を入れておき、またいざという時も即座に装着できるよう、日頃からトレーニングしておきましょう。

    • 常備薬・病院手帳
      持病などがあり、決まった薬を飲んでいる場合は、できれば予備の薬の準備をしておきましょう。

    • その他
      万が一行方不明になった際の捜索の手がかりとして。
      また家族一緒に写っている写真があれば、飼い主であることを証明しやすくなることから下記の物。
      • 写真
      • 迷子札
      • 鑑札
      • 注射済票

  • 健康メモ
    災害時は、飼い主さんがそばにいてあげられないことも考えて、
    フードの種類や健康状態、運動量の目安、病歴、
    かかりつけの獣医さんの連絡先など、健康メモを準備しておくと、いざという時に安心です。

  • 毛布やバスタオル
    寒いと体力が落ちやすいため、可能であれば多めに用意しておきましょう。

  • ビニール袋やサランラップ:
    断水の場合、食器を洗う水が使えないため、これらをお皿の上にかぶせることで水の使用を最小限に抑えることができます。


a:167 t:1 y:1